気になる適性検査!どのようなときに行われるの?

運転免許証の取得や更新をするとき

運転免許証を取得するために、教習所に通って学科や実技を学ぶ人が多いですよね。教習所を卒業すると、運転免許センター・試験場での試験を受けるとき、実技が免除されるメリットがあります。そのため、教習所に通って運転免許証取得を目指したほうが早いのではないでしょうか。

運転免許を取得するためには、事前に検査を受ける必要性がでてきます。そのとき行われるのが適性検査で、具体的には視力や聴力などが挙げられます。

運転免許証の取得後は、一定期間ごとに更新する必要があります。そのときも適性検査に受かることが大前提です。避けられないのが視力検査。こちらをクリアできなければ、メガネやコンタクトレンズを作ったり、作り直したりすることになります。また、高齢者を対象にした認知機能検査もあり、その重要性が問われていることは周知の通りです。

就職試験を受けるとき

就職試験といえば、筆記試験や面接試験が思い浮かびますよね。そのひとつ、筆記試験に適性検査を含む企業が増えてきました。公務員試験の適性検査は早くから取り入れられているため、知っている人も多いのではないでしょうか。

適性検査の大きな目的は、受験生の適性を知ることにあります。そうすることで、応募企業側は自社に合った人材の採用が期待できます。応募する側も、その点について把握しておくことが大切ですよね。

なお、適性検査はネット上で模擬試験を受けることが可能です。自分が希望する仕事に就くためにも、適性検査を受けてみるとよいでしょう。

適性検査は、採用する際に求めている人材として一致しているか、自社の社風にあっているかどうかを判断するために行われます。