入社してから6ヵ月後に行う研修のメリットとは

入社後半年のちに実行する研修の利点

新入社員が入社した場合に研修を実施する会社組織が少なくありません。一流法人であれば研修した後に新入社員が各々の地域に配置されます。配置されると個々の支店、あるいは事業所などのトップ、あるいは周りの従業員に影響されてステップアップの仕方も異なってしまいます。その為入社の後半年経過した時にふたたび本社に新入社員を集めてフォロー研修を行う会社組織も相当あります。入社し教育したことがうまく行っているか否かを確認し改めて身につけさせるには良い機会になります。フォロー研修の利点は、新人研修において教え導いたことの再確認以外に、散り散りになった同期が再会することが可能な点です。個々の支店等でどういった勤務の仕方をしているか、加えてどういった支店なのかを話せます。さらにそれぞれの成長を感じ取ることもでき、自分自身もがんばるという意気込みにも結びつきます。

現実の上で同期に会う有益性

昨今ではインターネットの一般化によりまして、労力をかけて集まらなくてもインターネットの回線を使った会議、あるいは研修も実行することができる周辺環境にあります。研修そのものはそれで良いかもしれませんが、現実の上で顔を合わせて研修をすることは、インターネットの回線において伝えきれない、あるいは感じない人とのコンタクトというもが存在します。とりわけ新人は同期がすぐ近くにいなくて、気楽な気持ちで相談できる周辺環境にないことから現実の上で同期と顔を合わせることで息抜きができます。

社員研修は社員を育てるため実施しますが、欧米の実力主義が浸透し転職が当たり前になってから、そのバリエーションは狭くなっていて、中でも新入社員に対して入社時におこなう研修は多くの企業で実施されています。