事業承継をする場合には準備がとても大事になる

後継者が見つからないという問題

事業承継では、後継者が見つかれば安心して任せることができますが適任といえるほどの後継者がなかなか見つけにくいのが現状です。このような問題が最近浮き彫りになってきたのは、後継者の実力がないことよりも身内などで会社を引き継ぐ者がいなくなっているからです。今までは、息子が会社を継ぐのが普通でしたが、価値観の多様化により親の会社を継がない子供が増えてきました。また少子化により子供がいない会社経営者も少なくありません。このような背景を考えると、必然的に事業承継の問題が大きくなってくるのがわかりますね。これを解決するためには専門のところに依頼する必要があるでしょう。例えば、商工会議所などのようなところで事業承継のマッチングを行っていたり、民間の会社でもコンサルタントなどが事業承継を専門的に扱っていることもあります。

引き継ぐ前に問題点を解消する

事業承継をサポートしてくれるところはいくつかありますが、仮にそのようなところにお願いしたとしても事業承継をする準備がしっかりできていなければ後々トラブルが発生することが考えられます。問題点とは、どこまで承継させるのかがまず一つ目です。会社を承継するといっても人と設備や備品だけ承継するのか、所有している株式まで譲渡するのかによって結果が大きく異なります。経営者の中には、自分が今まで築き上げた財産を安易に渡したくないと考えている人もいますので、その点を明確にしなければそもそも引き継ぐものが現れないです。また、実際に事業承継をするとしたら、いつごろまでに承継することができるのか明確にしておくことが大事になります。

経営理念やビジョンを共有し、会社の経営権、自社株式や事業用資産などを後継者へ引き継ぐのが事業承継です。