会社によってこんな内容の社員研修もあるの?

社員研修の必要性とは

企業が社員研修を行うには大きな理由があります。

1点目は新入社員同士の連携を深めて、コミュニケーション力の向上と連帯感の向上を図るものです。

会社に入社すると昇進の早さや部署の違いによって仕事の内容や個人のステージが変わってきます。しかしながら同期の関係性はその会社にいる限り一生続きます。職位や職種が違っても同期は入社した時からずっとお互いを知っている仲です。職位目線ではなく、同期目線でのアドバイスも出来るでしょうし家庭の相談も打ち明けやすいのではないでしょうか?そんな同期の仲間との連携は長く会社で働いていく上で必要な関係でしょう。

2点目は会社の考え方を理解して貰うことです。会社の風土や方向性は社員研修で垣間見えることが出来ます。長く会社で働いていく上では会社の方向性を社員に理解して貰うと共に、社員もその考え方に納得して貰う必要があります。社員がその会社を好きになれるかどうかで仕事に対するモチベーションは全く変わってきますので、考え方の理解はとても大切です。

あるの?こんな社員研修

会社によっていろんな社員研修が有りますが、こんな社員研修を行っている会社も有るようです。

・早朝マラソンを実施する会社

仕事をするサラリーマンにとって体は資本であり、規則正しい生活を心がける事を伝えている研修です。

・歩き方を矯正する会社

歩き方一つで相手に与える印象がまるっきり違ってきます。特に体育会系出身の男子学生はがに股で歩く傾向がありますので、修正対象になりやすいそうです。

管理職研修をe-ラーニングで実施する事は、インターネットを使って学ぶ事が出来、時間と場所を選ばなくて良いので大変便利です。