eラーニングを活用して効率よくビジネスマナーを習得する

電子機器を活用した学習方法

資格取得などの学習を行う場合は、専門のスクールに通って知識等を身につけることが効果的です。ただ、社会人など時間がない人にとっては、通学が難しいこともあり、パソコンなどの電子機器を活用したeラーニングによる通信教育が選択されることもあります。学習者が効率よく学習を進められるために、画像や動画に、音声と文章を組み合わせた資料提示型の教材が多くを占めます。内容を確認するためのテストや、問題に対する演習ができるドリル、まとめとしての試験問題など、学習支援も充実しています。これらは学習者の進捗状況や履歴を確認するためのシステムの一つとなっており、通信教育をカバーする面接や、企業内の社員教育などで採用されているものです。

ビジネスマナー習得にも活用

初めての社会人に対しては、大企業などの社員研修のカリキュラム内に、ビジネスマナーの習得があります。従来の人事担当者などによる実技指導に加えて、進捗状況の確認のためにeラーニングを活用したプログラムが含まれます。挨拶からビジネス文書の書き方、電話対応など、基本的な内容を実際のビジネスシーンの画面を見ながら、学習することが特徴となっています。独学で学べるためのプログラムを提供している会社もあり、動画などで繰り返し確認できるといった仕組みや、確認するためのテストなどが用意されています。社員研修といったプログラムが用意されていない中小企業の社会人などでも、eラーニングを利用することで、基本的なビジネスマナーを身につけられます。

教育機関に足を運ばずに、すきま時間でキャリアアップの可能性を広げるのが「派遣のeラーニング」です。働く上での柔軟性を求められる社会の中で、仕事し続けるのに必要不可欠な存在になることが見込まれます。