太陽光発電と一緒に考えよう!どんな住宅設備を入れる?

オール電化にしてメリットを増やそう

太陽光発電パネルを設置したマイホームを手に入れよう、あるいはリフォームして太陽光発電を始めようというときにはオール電化にすることも検討しましょう。ガスが不要になるので光熱費を削減できるのがメリットとして知られていますが、太陽光発電をする場合には他にもメリットがあります。地震や事故などで電気とガスの供給が止まったとしても、自己発電をして家電を使うことができるのがメリットです。ガスしか使えない調理器具なども多く、ガスの暖房設備を使っている家庭もよくありますが、オール電化にしてしまっておけば全て使うことができます。いつでも安心して暮らせるようにするにはオール電化が最適です。また、スマートホームにするのも良い方法なので検討してみると良いでしょう。

蓄電器の導入も検討しよう

太陽光発電パネルを設置するときには蓄電器の導入も考えてみると良いでしょう。太陽光発電の問題点として、日照の強さによって発電できる量が変化してしまうことが挙げられます。日差しの強い夏場の昼間はたくさん発電できますが、曇っているときや夜間は全く発電できないのです。災害時などに電気を使えるかどうかが天候や季節によって大きな影響を受けてしまいます。しかし、蓄電器があればたくさん発電したときに貯めておけるので、困ったときには天候や季節によらずにたくさん電気を使うことが可能です。売電価格が下がってきていることも考慮すると、自宅で消費できるように電気を貯められるようにしておくのは賢い方法だと言えるでしょう。

太陽光発電の価格は各メーカーによって異なります。詳しく知りたい場合は、見積もりを依頼しましょう。工事費や維持費について比較することも重要です。